• Home
  • 未分類
  • 衆議院選挙は与党が過半数を得るとの報道について

衆議院選挙は与党が過半数を得るとの報道について

昨日の衆議院の選挙速報を各局で午後8時から放送していました。その放送で気になっていることがあります。まだ選挙管理委員会から開票結果が出ていないにも関わらず、放送開始早々に当選確実者が出たことです。投票所の出口調査での結果をもとにしてだしたのでしょうが、何か早すぎるとの感じがしないでもありませんでした。ただ今回は当確と報じた人が開票の結果落選した例はなかったようです。

開票結果を早く知りたい人は多くいるため報道機関では出口調査をしているのでしょうが、選挙管理委員会の発表があますので、その発表された票数で予測する方が視聴しているほうにとっては投票した人が当選するもしれないという期待感があります。それが開票の開始時間前にと投票した人が落選確実だとがっかりします。

また今回の選挙の事前予測では与党が過半数の議席を取るという事でしたが、予想通りでした。衆議院が解散される前の予想ですと与党が過半数割れまでいくのではないかとのことですが、選挙が公示されてから野党の方で色々あって与党が大勝という結果になったようです。予想通りとなったのですが、投票率が悪いのは台風の影響ばかりではなく早々と与党が大勝ということを報道機関が大々的に報道したことで、有権者は与党が優勢なら投票しなくても良いと思った人が多かったのではないかと思います。早めに結果がわかるのは関係者には良いのかもしれませんが、予想が早々出されると投票する気にならなくなることがあることを考えてみてはと思ったのです。