• Home
  • 作者別: yotthi

コンビニストアが更にコンビニエンス

私は毎日セブンでヨーグルトドリンクを買っています。

美味しいし、健康に気遣う自分を持続するのに手軽で便利だし。

ただ、時間によっては駐車場が激混みだったり、レジで袋詰めしてくれるサービスがまどろっこしくてイラッとしたり。

でもそんなことを解消すべく、コンビニが新しいサービスを導入し始めたというのです。

それは自動販売機。

コンビニって24時間ずーっと開け続けているので慢性的な人材不足なのだそう。

それを解消するための知恵みたいです。

自動販売機っていうと飲み物だけのイメージがありますが、コンビニの自動販売機ですからもっと先を行きます。

例えば、食事系も充実させているんだとか。

聞くところによると、オフィスにランチで便利なようにとコンビニが入っていたとしても、エレベーターでお店まで下りていくのが面倒という人が大勢いるのだそう。

エレベーターは混むし、レジも大行列ということなのでしょうか。

これって気持ちわかるわあ。

私の現状もまったく同じなので。

コンビニってなんでもあるようで、欲しいものは売れ切れていることが本当に多いのです。

ウメお握り、豚汁のカップみそ汁、ピーナッツコッペなど。

なんとなく静かなブームがあって、買おうと思っていると後れを取ってしまうのが痛すぎます。

だからお握りを買う、味噌汁を買う、パンを買うくらいの緩い目的で訪れるには十分便利。

そうじゃないと苦しみの伴うコンビニでの買い物なのです。

最初から種類は豊富じゃないって解っていれば諦めつくし。

自動販売機になると商品は限られるけど商品補充なんかも簡易化されるみたい。

ちょっと期待しちゃいますね。