• Home
  • 作者別: yotthi

子供の鼠径ヘルニアの原因と治療

一歳までの子供で見つかることが多いのが、先天性の鼠径ヘルニアです。

鼠径ヘルニアとは、鼠径部にある腹膜が一部閉じきらないまま出生したために、泣いたりして腹圧がかかるとその部分から腸が腹膜の外側に出てしまい、膨らんで見えるというものです。
大人にもこうした症状が見られることがありますが、それは後天的なものであると思われます。

先天性のものは、母親がおむつがえのタイミングなどで異変に気づき受診するケースが多いでしょう。おもに女の子よりも男の子に見られやすいといわれています。鼠径部がふくれるように見えますが、見方によっては精巣がふくれているように見えることもあるようです。

通常、腸が出ていても痛みはなく、生命に問題が生じることはありません。赤ちゃんが泣いていると、膨れた部分が腫れていていたいのではないかと心配になるものですが、たいていはあやしていると泣き止みますし、鼠径部が原因で泣いていることはほぼありません。しかしまれに、出てきた腸がねじれるなどする「かんとん」と呼ばれる状態になることがあり、その場合は早急に受診をしないと腸が壊死し、腸閉塞となる可能性があります。火がついたように泣いて、何をしても泣き止まない状態になった場合には、小児救急に相談してみてください。診療の専門は小児外科です。可能であれば近所の小児外科がある病院を調べておくといざというとき安心です。

生後半年までは、成長とともに腹膜が閉じて自然に治るケースがありますが、一歳をすぎても症状がある場合には手術で治療をすることになります。手術には全身麻酔を使うため、子供へのからだの負担を考えて、医師によって何歳から手術を行うか考え方がわかれますが、かかりつけ医に相談をしてみましょう。

また、治ったと思っていても、高齢になったときにまた出てくることもあります。これは、腹筋の発達によって出てこなくなった腸が、筋肉の衰えでまた出てくるようになったものだと考えられています。そのため、もしも治ったように感じても、しばらくは出てくることがないかよく確認し、違和感があれば医師に相談しておくと安心でしょう。

手術を待っている間はとくに気を付けることはなく、通常通りの生活で大丈夫です。ヘルニア部分が出てきた場合でも、子供が落ち着けば自然にへこむことがほとんどで、何か対応しなくてはいけないことはありません。

子供が手術で治療をする場合、二泊三日程度の入院による手術となります。手術の前日に入院し、その日は絶食です。

手術は全身麻酔で行われます。子供の場合は注射ではなく気体の麻酔を吸い込む形です。手術自体は40~50分間で終わります。手術の傷は数センチと小さく、抜糸せずに縫合後溶ける糸が使われることがあります。それであれば、抜糸で通院する必要はありません。

翌日の手術のあとは流動食からスタートしますが、問題なければ翌日からは通常の食事をとることができます。

鼠径ヘルニアは、パッと見た目は驚きますが、よくある病気でありあまり心配があるものではありません。落ち着いて対処しましょう。

腰痛の種類について

腰痛は多くの人が悩んでいる症状の一つです。腰痛といっても種類がたくさんあります。腰痛の種類について説明して行きたいと思います。まず一番有名なのが椎間板ヘルニアと呼ばれる腰痛です。これは背骨の骨と骨の間にあるべき椎間板が飛び出てしまっているため痛みが発生する症状です。ひどくなると足全体が痺れてしまったり悪影響を及ぼします。治療には腰を使い過ぎないように安静にすることです。それでも改善しない場合は手術を勧められる場合もあります。しかし手術となるとリスクも生まれます。よく考えて治療することをお勧めします。続いて筋力低下による腰痛です。これは高齢になるにつれて痛みが出てくる症状です。長年の運動不足や加齢に伴う基礎代謝量の減少により腹筋背筋が弱くなって行きます。そのせいで体を支えることができなくなり腰に負担がかかることで腰痛の症状が出てきます。対策としてはやはり日頃から腹筋背筋の筋トレを行うことです。少し痛いなと思った頃から始めないとどんどん悪化して最悪の場合、手術しなけれなならなくなります。しかし手術をしても症状が再発する場合も多いので、やはり筋肉をつけることが一番有効です。続いてはガンの場合です。特に膵臓ガンや大腸ガンなどを患うと腰痛が出ると言われています。また他のガンでも進行していて骨に転移してしまった場合に腰痛を引き起こすこともあります。たかが腰痛だと侮らずに心配があれば病院を受診してみるべきです。続いて腰椎分離すべり症です。これはスポーツをしている人によく見られる症状です。10代の時に発症しやすい傾向があります。原因としてはスポーツを行う時にジャンプしたり腰を回すような動作をすることで少しずつ腰椎に亀裂のようなものが入って行きます。何回も亀裂が少しずつ入って行き徐々に進行して行く症状です。治療としてはこちらも安静にしていれば自然に治る場合もあります。しかし神経が刺激されてしびれなどが出るようになってしまったら手術も視野に入れなければなりません。しかし手術となるとこちらもリスクはありますので良く考えて治療法を相談することをお勧めします。最後に一度はなった経験がある人も多いと思います。ぎっくり腰です。ぎっくり腰はなった人にしかわかりませんが、相当大変です。もう自分の体が自分のものではないような感じになります。まずベッドから起き上がるのが大変です。いつもなら一瞬で起き上がれるのに、ぎっくり腰になってしまうとベッドから起き上がるだけでも数十分かかることもあります。そして歩くとなるともっと大変です。一歩ずつまさにリハビリ患者のような佇まいで歩かなくてはなりません。一歩踏み出すだけて腰にピキッと電気が走るような痛みに襲われます。ぎっくり腰の原因はふとした動作です。重いものを持ち上げたり、立ち上がろうとしただけで発症します。やはり普段の疲れや筋力不足が原因です。一度なると1日では治りません。早くても3日くらいはかかります。一度ぎっくり腰になるとなりそうだなという予感がわかるようになります。また苦しい思いをしなくていいように普段から筋力をつけておくことをお勧めします。ぎっくり腰になった場合はまず冷やすことです。急な痛みですので温めずに冷やすことが大切です。そして落ち着いてきたら今度は温めます。そうすることで治りも早くなります。

衆議院選挙は与党が過半数を得るとの報道について

昨日の衆議院の選挙速報を各局で午後8時から放送していました。その放送で気になっていることがあります。まだ選挙管理委員会から開票結果が出ていないにも関わらず、放送開始早々に当選確実者が出たことです。投票所の出口調査での結果をもとにしてだしたのでしょうが、何か早すぎるとの感じがしないでもありませんでした。ただ今回は当確と報じた人が開票の結果落選した例はなかったようです。

開票結果を早く知りたい人は多くいるため報道機関では出口調査をしているのでしょうが、選挙管理委員会の発表があますので、その発表された票数で予測する方が視聴しているほうにとっては投票した人が当選するもしれないという期待感があります。それが開票の開始時間前にと投票した人が落選確実だとがっかりします。

また今回の選挙の事前予測では与党が過半数の議席を取るという事でしたが、予想通りでした。衆議院が解散される前の予想ですと与党が過半数割れまでいくのではないかとのことですが、選挙が公示されてから野党の方で色々あって与党が大勝という結果になったようです。予想通りとなったのですが、投票率が悪いのは台風の影響ばかりではなく早々と与党が大勝ということを報道機関が大々的に報道したことで、有権者は与党が優勢なら投票しなくても良いと思った人が多かったのではないかと思います。早めに結果がわかるのは関係者には良いのかもしれませんが、予想が早々出されると投票する気にならなくなることがあることを考えてみてはと思ったのです。

コンビニストアが更にコンビニエンス

私は毎日セブンでヨーグルトドリンクを買っています。

美味しいし、健康に気遣う自分を持続するのに手軽で便利だし。

ただ、時間によっては駐車場が激混みだったり、レジで袋詰めしてくれるサービスがまどろっこしくてイラッとしたり。

でもそんなことを解消すべく、コンビニが新しいサービスを導入し始めたというのです。

それは自動販売機。

コンビニって24時間ずーっと開け続けているので慢性的な人材不足なのだそう。

それを解消するための知恵みたいです。

自動販売機っていうと飲み物だけのイメージがありますが、コンビニの自動販売機ですからもっと先を行きます。

例えば、食事系も充実させているんだとか。

聞くところによると、オフィスにランチで便利なようにとコンビニが入っていたとしても、エレベーターでお店まで下りていくのが面倒という人が大勢いるのだそう。

エレベーターは混むし、レジも大行列ということなのでしょうか。

これって気持ちわかるわあ。

私の現状もまったく同じなので。

コンビニってなんでもあるようで、欲しいものは売れ切れていることが本当に多いのです。

ウメお握り、豚汁のカップみそ汁、ピーナッツコッペなど。

なんとなく静かなブームがあって、買おうと思っていると後れを取ってしまうのが痛すぎます。

だからお握りを買う、味噌汁を買う、パンを買うくらいの緩い目的で訪れるには十分便利。

そうじゃないと苦しみの伴うコンビニでの買い物なのです。

最初から種類は豊富じゃないって解っていれば諦めつくし。

自動販売機になると商品は限られるけど商品補充なんかも簡易化されるみたい。

ちょっと期待しちゃいますね。